映画館で映画を観るということ

最近は週に1〜2本のペースで新作を見て、旧作は週末に4〜5本見ています。本当は平日にも毎日見たいのですが、なかなかそうもいかないのが心苦しいです。

 

旧作を観ること(ほとんどNetflix)は別の記事に書くとして、ここでは映画館で映画を見ることの私にとっての良い点について映画そのものが楽しいことは置いといて他の理由を書きます。

 

真っ暗な空間に居られる!

普段生活をする中で真っ暗な空間に2時間いることってありますか?夜寝てる時くらいですよね。常に明るいところに居すぎるせいで暗いところに入りたい欲求が出て来て、映画館の中に入ると一種の安心感を感じリラックスすることができます。

 

約2時間他のことができない!

映画を観ている間は、一切他のことができません。そのため、このときだけはマルチタスクから解放されます。普段はスマホの通知を気にかけその日のToDoを意識しながら目の前のことをやったりと、1つのことに集中したいのにうまくできません。2時間も1つのことに集中できる映画を観ている時間はとても貴重です。

 

誰かと映画を楽しめる!

旧作を観るときは、たまに友達と見るときを除いて圧倒的に1人で観ます。しかし、新作を映画館で観る時は、たとえ1人で映画館に行ったとしても他者と観ることになります。すると、笑い声が起きたりすすり泣く声が聞こえたりして、より映画を楽しく観れます。また、エンドロールが終わって映画館を出るときにこっそり人の感想を聞いたり、一緒に行った友達と感想を言い合ったりするのも醍醐味です。

 

大画面でいい音!

これはもう家で観るのと比べたら圧倒的ですよね。

 

 

毎週1本映画館で映画を見ても、会員になってれば映画館によりますが5000円ほどで、Netflixは700円くらい。私にとっては最高の趣味です。